上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
写真スキポール02

オランダのスキポール空港で謎の機械を見つけました。それも到着ゲート付近に同じタイプの機械が何台かあります。これなんだと思いますか?実はこれ、機械の横面にイラストがあるように空港に到着した人を迎えるためんのウェルカムボードを作るための機械なんです。

写真スキポール03

写真スキポール05
作りたいウェルカムボードのサイズを選択し、文字だけでなくオリジナルデザインのテンプレートを選ぶことが可能です!

写真スキポール04
作りはしませんでしたが試しにオランダ国旗テンプレートで、文字を選ぶ画面まで操作してみました。これはなかなか簡単に面白いものが作れそうです。日本語も対応してくれたら嬉しいのに。
みなさんも宜しければ、オランダで人を迎える際には作ってみてくださいね!!!!
スポンサーサイト
|08/19| その他コメント(0)TB(0)


6月17日に金沢にて行われた『本田クライフコート※』のオープニングセレモニーを見学して来ましたので、今回はそのことについて写真を中心にご報告しようと思っております!

当日は雨が降ったり少し晴れたりの安定しない天気でしたが、本田選手が出席するという噂が出てしまい会場には3000人を超えるファンの方がいらっしゃっていました。またこの日は、VVVのハイベルデン会長、SEACONのフランク専務取締役、VVVファンクラブジャパン代表のNaoakiさん、ヨハンクライフ財団の方もご出席されていました。そこに、サプライズとして帰国中だった本田選手も出席されました。『クライフ財団』と『本田選手』と『VVV(SEACON)』という三者が繋がり難いかもしれませんが、今回のコート寄贈については、「本田選手のVVV(オランダ)時代の活躍」があったことに起因します。簡単に言うとコートを寄贈するアイデアとお金を出したVVV(SEACON)、寄贈するため仕組み(ノウハウ)を持つ機関としてオランダのクライフ財団という位置付けですかね。


やはり皆のお目当てはこの方ですかねw


本田選手到着。夏ファッションで登場ですね。オーラが凄かった印象です。


真っ先にハイベルデン会長の元へ。これはVVVサポとして嬉しかった。

主役も揃ったことでセレモニースタート。今回の設置に携わった金沢市の方、日本サッカー協会の田嶋さん等からご挨拶がありました。そして、今回の寄贈に尽力されたハイベルデン会長、クライフ財団の代表方からもご挨拶とスピーチがありました。






ハイベルデン会長は自身のスピーチの際に本田選手へのサプライズを披露。VVV時代の肖像を絵にして送ったのでした!やっぱり原点はVVVであるという思いが込められたシーンでした。本田選手も最初に会長に挨拶をしたりとその部分は忘れずに居てくれているのでは無いでしょうか。


この2ショットが久しぶりに生で見られてのは嬉しい。


子供達に対してメッセージを送る本田選手。「夢を追いかけてほしい。自分も夢をまだ追い続けている。このコートは多くの人のおかげで出来ている。それを忘れないで思いっきりプレーしてほしい。(セレモニー後、子供達の試合が予定されていたため)今日、目立てばハイベルデン会長がすぐにお父さんお母さんところに“オランダへ連れて帰りたい”と交渉に行くはず。これはチャンスだ。」と話していました。彼の人(子供達、寄贈に関わった方達)への配慮が凄く感じられた素晴らしい挨拶でした。




この後に始球式が行われ革靴でボールを蹴っていました。そして多忙な本田選手は子供達と記念撮影をして嵐の様にバタバタと会場を後にしました。






続けて、ツェーゲン金沢の選手も合流して出来たばかりのピッチで元気に子供達とプレーをしていました。


今回のセレモニーのために来日されたクライフ財団のお二人。EUROのオランダ代表がかなり気になっていたご様子ww


ピッチ外ではフランクさんが子供達と交流。一生懸命、VVVとSEACONを宣伝してきました。中にはVVVを知っている子供達も居ました。もっともっと知ってもらいたいものです。


ピッチに少しだけ入ることが出来ましたが、人工芝にゴムチップが入った素晴らしいピッチでした。ここで老若男女思いっきりボールと夢を追いかけてほしいですね。そして、ここで育った子供がいつかオランダの地でプレーしてくれたら・・・と思うとワクワクですね。
|06/30| その他コメント(0)TB(1)
謹賀新年

ついに2012年になりましたね!
昨年は皆さんにとって、どんな1年だったでしょうか。
僕は、サッカーを通じて本当に多くの方と出会うことが出来ました。
今年は昨年以上に充実した1年を過ごせるように頑張ります。

「エールディビジ(1部)のチームを訪問する。」という当初の目標も
どうにか今年のゴールデンウィークに達成できるかもしれません。
嬉しい半面、そうなると直面するのがネタ不足。。
なんてこともどうにかなるでしょうw

今年2012年が読んで頂いている皆様にとって、最高の1年になりますように。
今年も宜しくお願い致します。

雄平(ゆうへー)
|01/01| その他コメント(0)TB(0)
写真
先日、『エールディビジ(VVV)を応援する日本人』というテーマで、オランダのサッカー雑誌「Voetbal international」の取材をVVV Fan Club Japanの管理人naoakiさんとエール好きわかさん(@suga_waka)らと受けてきました。その内容が12月14日発売されたVoetbalに4ページで掲載されました。記事には「Yuheiは両親がオランダに住んでおり、定期的にオランダを訪れては多くの(エールディビジの)スタジアムを巡っているが、彼の心はVVVにあるようだ。(~中略~)彼はウチェボが大好きだ!と言っていた」とありましたww。


VVV-Venlo waanzinnig populair in Japan(=VVVは日本で、もの凄い人気!という意みたいです。)


恥ずかしながら右ページの黒服(AWAYユニ)が僕です。。

他にも本誌にはこんな記事も!

左:VVVが勝利したRODA戦!! 
右:ユトレヒトの試合前の整列写真。高木君もスタメンとして載っています。
|12/25| その他コメント(0)TB(0)
VVVOF

僕(@yokora_)のツイッタ―をフォローして頂いている方はご存知かもしれませんが、『渋谷でVVVを観ようぜ!(10/1)』と呼びかけて、みんなで試合観戦をした模様がVVV-Venloの公式サイトのニュースに載りました。そもそもは、「以前からエールディビジを数名でも良いから誰かと一緒に見られる場所があればなぁ」と思っていたのがきっかけです。その野望(?)自体は結構前から思っていたのですが、ここに来て、(エールディビジ所属の)日本人選手の増加→Jsportsでの放送決定→BSでも視聴可能にと追い風が吹き始めてくれました。しかし、次の課題はいくらTV放送していても日本では知名度が少ないエールディビジを放送してくれるスポーツバーがあるのかというところからスタート。最終的には快く渋谷のM-SPOさんが対応してくれた訳です。そんなこんなでTwitterで「観ませんか?(もとい観ようぜ!)」と呼びかけさせてもらった次第です。最終的には16名の方に集まって頂きました。まさか、こんなにも人が集まるとは思ってなかったから本当に嬉しかったし、どこを向いてもVVV(エールディビジ)の話が日本でできる幸せを噛みしめた半日でした!まだ明言は出来ませんが12月に必ずやります(@渋谷)!さぁあなたも今のうちに予定帳を開けて12月を要チェック!
最後に、、、、当日集まって頂いた方々、ありがとうございました、本当に感謝です!ぜひ続けていきましょうね♪


[みんな電波が捕まえられずイライラ!ツイッターがぁー!って試合始まるよ~!]


[AZはやはり強い!!!]


[ボビさんが点を決めて、大喜び!!]

写真
[一人 AWAYでしたw]
|10/08| その他コメント(1)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。