上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
第21節VVV-Venlo(H):FC Groningen(A)
さぁ今夜はVVVの試合です。対戦相手は現在8位(2012/2/11現在)のFC Groningenです。

■『VVVが勝つためには、○Kから!?』
試合結果を見てみると、ここ2試合では合計7失点しています。4-1だったTwente戦はFWのLuuk De Jongにハットトリックを決められています。ただ、この4失点はルークの個人技だけでは無く、左のJohnなどを初めとして技術ある選手同士が繋がった形で、Twenteがまさに格の違いを見せつけた素晴らしい試合でした。一方の20節のRKC戦では思い切りの良いロングシュートとトリッキーなプレーからの良くも悪くも一発一発の得点。もう1回やれと言われればおそらくRKCは負けると思います(12節では1-1)。それらも含めて試合ハイライトを見続けた僕のイメージとしては、Groningenは、全体的に前がかりななので「素早いカウンター」がウィークポイントではないかと感じています。さてさて、そうなるとリンセン(出場停止)とムサ(移籍)が居ない今のVVVにはなかなか攻め辛い相手だと思います。そこで、それ以外になるとRKCのように一発に賭けるかです。つまりVVVの得点チャンスはFK(フリーキック)かCK(コーナーキック)ではないかと。フェイエ戦のように連携がハマれば別モノですが。

■『タレントはエールの中でもトップクラス!?』
32得点・36失点で8位と“中の上”に居るGroningenですが、個々を見ると素晴らしい選手が揃っています。特に今季初めに獲得した新加入組は素晴らしいです。まずはGroningenの攻撃パターンとして主になっているサイドからの攻めを支えるAJAX出身(おそらくヤング・アヤックス)のコンビで18番Burnetと16番Kappelhof。Kappelhofはスタメン争い真っ只中ですが、Burnetは定着。Burnetの攻め上がりからのチャンスメイクは非常に多いです。このBurnetに加えて、CBの21番Van Dijk、MF7番Bacunaは若い世代のオランダ代表候補としても選出されており将来が楽しみな選手達です。ただ、Van Dijkは攻め上がりたがるので狙い目??。そして、僕が今シーズン注目しているのがMF10番のTadicとFW9番のTexceiraの二人です。Tadicは個人技が素晴らしい上にエールではあまり見られない周りを活かせるタイプです。今シーズンもチャンスメイクには必ずと言っていいほど顔を出します。厄介なのが自分一人で仕掛けらて点を決められる上に周りも活かせるタイプ、かつそれらを場面場面で使い分けられる頭があること。彼を押さえないと、まず勝てないでしょう。そして、もう一人のTexceiraはシーズン途中で加入した期待のFWです。ここまで16試合で8得点(チームトップ)、U20ウルグアイ代表にも選出されており6試合で3得点を挙げています。第2のスアレス(現リバプール)とも言われています。もうすぐ21歳になりますが、間違いなく欧州トップクラスになるのではないかと僕は勝手に押していますw
さぁ、今日は厳しい戦いになるだろうけど、勝とうよ!VVV!!


“当たり”が多い今季の新加入組。今季AJAXから加入した韓国人FWのSUKも6試合(全て途中出場で)3得点。


注目のSBのBurnetとDFのVanDijk

David Teixeira - Groningen (3)
今後が楽しみなFW9 Texceira


Tadicを止めずして、勝利は無いはず!!要注意!!

スポンサーサイト
個人的願望からではありますが、もう一層踏み込んで選手やそのチームの今についてもっと詳しくなろうかと思って、また新しく「対戦相手について」のカテゴリーを作ってしまいました。ここでは、VVVの次節の対戦相手について色々調べたことをまとめて行こうかと思っています。ただ先に言っておくと、僕自身はサッカーをちゃんと習ったことも無いサッカー好きです。だから厳しいことは言わないでくださいね!これは自身の勉強でもあるので。


第20節Excelcior:VVV-Venlo
まずは対戦相手の最近(前回のVVVとの対決から)の結果から見て行きましょう。
※下記情報は全て2/2現在です。

対戦
参照http://www.fcupdate.nl/

VVVはここまで(19節)は3勝4分12敗/18得点47失点で17位、対するExcelsiorは19試合で2勝5分12敗/12得点44失点で18位と同格の戦いをしています。ただVVV以上に得点源不足に悩み、VVVと同じように失点が抑えらないチームのようです。勝ち点を得ているNAC戦は、NAC側に後半25分までに7枚のイエローが出され、2人の退場者が出てしまったという数的有利の中での勝利だったようです。

■守備について
①Exelsiorの試合のハイライト映像を観ていて個人的にはファウルが多いチームという印象が大きかったのですが、実際データを見るとVVV〔警告32枚/退場4枚〕に対して、Excelcior〔警告26枚/退場2枚〕とVVVより少なかったです。参考までにリーグ1位のPSV〔警告33枚/退場2枚〕を見ても、少ないのがよく分かります。ただ、これは(プレスをかけに行けないなど)警告/退場に結び付けられるほどのところまでプレーレベルが届いていないのかもしれないということと、審判のジャッジ加減にも要因があるかもしれません。実際にハイライトを観ていると、カードに結び付かないもののファールから直接狙えそうなFKを結構な頻度で与えている気がします。
→FKが決められるチームは得点チャンス!?

②またCKやクロスのようなゴール前の混戦からの失点が多い気がしています。それと奪われてからのカウンターへの対応からの失点ですかね。一気に持って行かれて危機になっているケースが何度か見受けられました。→速攻が仕掛けられる選手がハマる!?

上記から今回、活躍しそうなVVV側の選手はフェイエノールト戦で惜しいFKを打っていたHollaとスピードがあり仕掛けられるLinssen&Berghuisに大期待!!!

■逆にコイツに気をつけろ!
まずはチーム得点王のFW17のMaatsen。献身的に守備にも戻るし、攻撃の要所要所にも顔を出していました。なによりボールを持っていない時のスピードはかなり速いように感じました。今季プロデビューしたばかりですが、ここまで13試合に出て4得点。そのうちの8試合は途中交代で出場している状態ですがスタメン定着は間近なのかもしれませんね。特にTwente戦では後半37分に出て2得点。決してスーパーゴールではありませんが、そこに居たからこそのゴールを決めています。あとはMF10のAlberg。ここまで19試合出場も1得点とゴールは奪えていないものの個人技からの突破はなかなかでした。

10.jpg maatse.jpg
右:注目のFW17 Maatsen。
左:MF10 Alberg

■Maatsenが2得点を決めたTwente戦

※Twente注目のMF24 Jhonも頑張ってます!w

今度は勝てます。勝ちましょう!Alles heej is VVV...!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。