上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

ついにエールディビジのチーム訪問記事も残り1~2チームを残すばかりです。今回は、VitesseのあるArnhemから少しだけドイツ寄りに行ったDoetinchemにあるDeGraafshap(デ・フラーフスハップ)についてです。エールディビジを見始めた方なら誰でも一回はこのチームの名前を一発で覚えられた方は居ないのではないのでしょうか?w。と言う私自身もしばらく覚えられませんでした。毎年、VVVと共に降格の危機に陥るチームでもありますが、必ずと言って良いほど1年で戻ってくる浮いたり沈んだりのチームです。創設年も1954年と比較的新しいクラブです。その一方で、かつては監督として日本人には馴染みが深いフース・ヒディングもこのチームでプレーし、監督としてのキャリアもこのチームからだったそうです。


正面玄関にはオランダらしく巨大な白い木靴。そしてクラブ創設についての石碑がありました。


【アクセス】
アムステルダム中央駅からはArnhemまでNSで行って、在来線のような電車に乗り換えてで約1時間50分くらいです。さほど乗り換えも難しくなく、あっと言う間に着いた記憶があります。Doetinchem駅からは歩きです。おそらくバスはありません。これがまた・・・・、NECに行った時を思い出すかのような自然を歩いていきますwだいたい、30分くらいだと思います。
写真 写真01
ゆうへー心の声「気持ちが良い!やっぱりチーム訪問はこの散歩感が堪らないね!」

写真03
ゆうへー心の声「おっ!分かれ道か・・。googlemapを活用せねば。」

写真04 写真05
ゆうへー心の声「遠くにスタジアムの電灯らしきものは見えるが、この道で当たっているのか・・」

写真06
ゆうへー心の声「どんどん道が狭くなってきた。。これ間違えて人の庭に入っちゃうパターン!?」

写真07
「無事着いたーーーー!」ってなことでどうやら通常の道では無く、AWAYサポーターが通される裏道を歩いていたみたいです。まぁ、ある種AWAYサポなんでそんな道も歓迎!でも、それにしてもあの道を大勢のAWAYサポが歩くって、狭すぎだし舗装もされていないから泥道だしww

【スタジアム・グッズショップ】
Stadion De Vijverberg
収容人数は12600名程度です。中はさすがに見られなかったですが事務所までは色々問い合わせがあったので入ってきました。受付の人はあまり英語が通じなかったけど、すごく丁寧に対応してくれました(その横で選手達が居た。。)。スタジアムショップはあいにくの閉店中でグッズは見られませんでした。オランダ語はわかりませんが、どうやら街の中央部にもショップがある感じでした。しかし、この日は時間が無く断念。ミニペナント欲しかったのに。皆さんはちゃんと調べて行って下さいね!w


手に届くところにグッズがあるのに・・・。売ってくれーーーって叫びたくなりました。。


大きな地図で見る
A:Doetinchem駅、B:スタジアム

【ちなみに・・・】
通常の道も自然たっぷりの砂利道でしたとさww
写真08
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。