上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |


6月17日に金沢にて行われた『本田クライフコート※』のオープニングセレモニーを見学して来ましたので、今回はそのことについて写真を中心にご報告しようと思っております!

当日は雨が降ったり少し晴れたりの安定しない天気でしたが、本田選手が出席するという噂が出てしまい会場には3000人を超えるファンの方がいらっしゃっていました。またこの日は、VVVのハイベルデン会長、SEACONのフランク専務取締役、VVVファンクラブジャパン代表のNaoakiさん、ヨハンクライフ財団の方もご出席されていました。そこに、サプライズとして帰国中だった本田選手も出席されました。『クライフ財団』と『本田選手』と『VVV(SEACON)』という三者が繋がり難いかもしれませんが、今回のコート寄贈については、「本田選手のVVV(オランダ)時代の活躍」があったことに起因します。簡単に言うとコートを寄贈するアイデアとお金を出したVVV(SEACON)、寄贈するため仕組み(ノウハウ)を持つ機関としてオランダのクライフ財団という位置付けですかね。


やはり皆のお目当てはこの方ですかねw


本田選手到着。夏ファッションで登場ですね。オーラが凄かった印象です。


真っ先にハイベルデン会長の元へ。これはVVVサポとして嬉しかった。

主役も揃ったことでセレモニースタート。今回の設置に携わった金沢市の方、日本サッカー協会の田嶋さん等からご挨拶がありました。そして、今回の寄贈に尽力されたハイベルデン会長、クライフ財団の代表方からもご挨拶とスピーチがありました。






ハイベルデン会長は自身のスピーチの際に本田選手へのサプライズを披露。VVV時代の肖像を絵にして送ったのでした!やっぱり原点はVVVであるという思いが込められたシーンでした。本田選手も最初に会長に挨拶をしたりとその部分は忘れずに居てくれているのでは無いでしょうか。


この2ショットが久しぶりに生で見られてのは嬉しい。


子供達に対してメッセージを送る本田選手。「夢を追いかけてほしい。自分も夢をまだ追い続けている。このコートは多くの人のおかげで出来ている。それを忘れないで思いっきりプレーしてほしい。(セレモニー後、子供達の試合が予定されていたため)今日、目立てばハイベルデン会長がすぐにお父さんお母さんところに“オランダへ連れて帰りたい”と交渉に行くはず。これはチャンスだ。」と話していました。彼の人(子供達、寄贈に関わった方達)への配慮が凄く感じられた素晴らしい挨拶でした。




この後に始球式が行われ革靴でボールを蹴っていました。そして多忙な本田選手は子供達と記念撮影をして嵐の様にバタバタと会場を後にしました。






続けて、ツェーゲン金沢の選手も合流して出来たばかりのピッチで元気に子供達とプレーをしていました。


今回のセレモニーのために来日されたクライフ財団のお二人。EUROのオランダ代表がかなり気になっていたご様子ww


ピッチ外ではフランクさんが子供達と交流。一生懸命、VVVとSEACONを宣伝してきました。中にはVVVを知っている子供達も居ました。もっともっと知ってもらいたいものです。


ピッチに少しだけ入ることが出来ましたが、人工芝にゴムチップが入った素晴らしいピッチでした。ここで老若男女思いっきりボールと夢を追いかけてほしいですね。そして、ここで育った子供がいつかオランダの地でプレーしてくれたら・・・と思うとワクワクですね。
スポンサーサイト
|06/30| その他コメント(0)TB(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。