上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |


これまた古いネタですが、僕的には初体験だったので書かせて頂きます。Venloにはかれこれ何回も訪問していますが、お恥ずかしながら実は練習を観たことがありませんでした。そんな中で、GWのタイミングで初・練習見学に行って参りました!Jリーグの練習見学には何度か行ったことがあったので、その距離感を思って行くと度肝を抜かれますw
VVVには練習場が2~3カ所あるようです。スタジアム内とスタジアム横とスタジアムより奥に行った森の中の3カ所です。今回の練習は一番奥にある森の中の練習場でした。すごく入り方がわかりづらいので行く際には時間の余裕を持って行きましょう!最初は入り口付近の柵の手前で観ていたのですが、地元のファンがズンズン進んで行くので、一緒について行ったら凄い近距離まで近づいて練習を観ることが出来ました。フェイエノールトの練習と良い、PSVの練習と良いオランダのチームはだいたいが凄い近い距離で練習が見学できるみたいですね。にしても、VVVの練習はとにかく近いです。水飲み休憩とか近過ぎてこちらも選手もお互いに挨拶を(良くも悪くも)せざるを得ない状況ですw麻也やボビさんも「こんちわっす」とか言ってくれます。


とにかく選手との距離が近い。


日本代表・麻也も超近距離。

やはり近いから選手達の掛け声はもちろん細かい技術まで観ることができます。にしても、この見学の時は11-12シーズンだから今居ない選手が沢山居ますね(泣)


真ん中はへルモンドに移籍したフェリー(DF)。


左からエメニケ(DF)、モルフーク(MF)、ウチェボ(FW)、ケンさん(MF)。皆、VVVからは居なくなってしまったメンバー。※ウチェボにかぶってるのはウチェかな?


昨シーズン、途中加入ながら非常に頼りになったホラ。今季(12-13)からはデンハーグへ。


俺らのウチェボ!!!!今季からはベルギー1部のチームへ。


“神”ことヘンテナール様(GK)。彼もこのシーズンを最後にVVVを去ることに。居なくなる前にどうしても会いたかったら会えて本当に良かった!


紅白戦では、ウチェボが目の前で倒された!!!近さ故にすぐに駆け寄りたくなったのも事実w


皆でゴールを運んで準備の図。しかし・・・・よーく見ると(下の写真へ)


「ウチェボ!お前、絶対に力入れて持ってない(運んでない)だろ!!」とツッコミを入れたくなるw

で、練習が終わったら帰る道すがらに選手にファンサービスをお願いできます!!なんか、非常に自然の流れで終わるので「えっ終わり!?どっち??」と迷う場面もw地元民に続きましょう!それか、「お願いしても良いですか?」とちゃんと聞いてコミュニケーションを取った上で、お願いしましょう!!

この選手との距離感。読んだ貴方は行きたくなったでしょう!!オランダに行った際には試合以外にもVenloを訪れてみましょう!!
写真スキポール02

オランダのスキポール空港で謎の機械を見つけました。それも到着ゲート付近に同じタイプの機械が何台かあります。これなんだと思いますか?実はこれ、機械の横面にイラストがあるように空港に到着した人を迎えるためんのウェルカムボードを作るための機械なんです。

写真スキポール03

写真スキポール05
作りたいウェルカムボードのサイズを選択し、文字だけでなくオリジナルデザインのテンプレートを選ぶことが可能です!

写真スキポール04
作りはしませんでしたが試しにオランダ国旗テンプレートで、文字を選ぶ画面まで操作してみました。これはなかなか簡単に面白いものが作れそうです。日本語も対応してくれたら嬉しいのに。
みなさんも宜しければ、オランダで人を迎える際には作ってみてくださいね!!!!
|08/19| その他コメント(0)TB(0)

久しぶりに更新になってしまい、すみません。ネタもGWのと古いですが許して下さい!
今回、書くのは2012年4月29日(11-12シーズン)に行われたRodaJCとPSVの一戦です(Rodaホーム)。優勝を目指すため多額の移籍金を払って補強を行ったPSVの試合を観たかったのと、まだRodaのスタジアムにも訪問していなかったので一石二鳥のこの機会に行ってきました。チケットについてはクラブに直接、メールしたらすぐ連絡くれました。正直、VVVの問い合わせより早かったような・・w チケットの交換にはパスポートが必要と言われましたが、最終的には名前を伝えただけで大丈夫でした。(緩いな~)


熱いです、Rodaサポーター!!VVVとのダービーをここで観てみたい。


ホーム最終節だったからか、試合前に花火も上がっていました。


エールディビジの各チームって、こういう盛り上げる進行役みたいな人が居ますよね。AJAXでも見たことあるけど、VVVって見たことがない気がするなぁ。


Rodaのマスコットが入場待機中。あれ?どこかで見たことがある犬型・・・。

■選手入場



AWAYのPSVは水色市松模様のユニフォーム!試合には、好きなStrootman、Wijnaldumに加えて一番の目的だったMertensもスタメンで出場していました。

■試合開始

序盤からファウルが飛び交う荒れた展開に。何度か両選手が詰め寄る場面がありました。




そうこうしているうちに、PSVがMertensのゴールで先制!!


ついには、Rodaキーパーがゴール前で決定的チャンスをファールで止めてしまい一発レッド。


Rodaはキーパーを交代させないといけない事態に。ただこのキーパーがPKを止めます。

試合としては最終的に1-3でPSVの勝利。PSVの各個々人の技術の高さを思い知りました。今季(12-13シーズン)、オランダ代表のファンボメルを補強し、さらに連携が整ってきたPSVの試合は要注目です。今後も機会があればPSVの試合を観に行きたいです。
|08/19| 試合観戦コメント(0)TB(0)


プチ・チーム訪問記事を今回は書きたいと思います。今年のGWに世界遺産キンデルダイク(Kinderdaijk)に観光に行った時に偶然、サッカースタジアムを見つけました。こんなスタジアムとの偶然の出会いも良いものですね。簡単に調べては見たもののどうやら、地域リーグにも所属していないようです。クラブ発足は1933年で79年の歴史があるようですね。
HP:http://www.vvdezwerver.nl/


スタジアムの周りは人工的な堀があって水に囲まれていました。橋を渡ってスタジアムへ。この写真から分かるかどうかですが、スタジアムの周囲はぐるりと住居(一戸建て)に囲まれています。家によってはリビングからピッチが見える家も。素晴らしい!!


入り口が開いていたので怒られない程度にちょっと覗いてきました。




天然の芝生のピッチ。そして観客席は木造りで指定席は無さそうw試合ともなればここにキンデルダイクの町の人たちが集まってくるのでしょうね。


今週も試合があるようですな。チケットボックスに貼ってありました!

キンデルダイクって世界遺産の町ですよ。しかも、世界遺産が無ければ正直何も無い町と言われてもおかしくない町です。まずは世界遺産の町にスタジアムがあるのに感動しました、でも、よくよく考えると世界遺産認定されるよりも昔からこのクラブがあったのですね。改めてオランダと言う地に根付いたサッカー文化の深さを伺い知れました。世界遺産観光も楽しかったけど、それと同様に印象に残ったスタジアムとの出会いでした。


6月17日に金沢にて行われた『本田クライフコート※』のオープニングセレモニーを見学して来ましたので、今回はそのことについて写真を中心にご報告しようと思っております!

当日は雨が降ったり少し晴れたりの安定しない天気でしたが、本田選手が出席するという噂が出てしまい会場には3000人を超えるファンの方がいらっしゃっていました。またこの日は、VVVのハイベルデン会長、SEACONのフランク専務取締役、VVVファンクラブジャパン代表のNaoakiさん、ヨハンクライフ財団の方もご出席されていました。そこに、サプライズとして帰国中だった本田選手も出席されました。『クライフ財団』と『本田選手』と『VVV(SEACON)』という三者が繋がり難いかもしれませんが、今回のコート寄贈については、「本田選手のVVV(オランダ)時代の活躍」があったことに起因します。簡単に言うとコートを寄贈するアイデアとお金を出したVVV(SEACON)、寄贈するため仕組み(ノウハウ)を持つ機関としてオランダのクライフ財団という位置付けですかね。


やはり皆のお目当てはこの方ですかねw


本田選手到着。夏ファッションで登場ですね。オーラが凄かった印象です。


真っ先にハイベルデン会長の元へ。これはVVVサポとして嬉しかった。

主役も揃ったことでセレモニースタート。今回の設置に携わった金沢市の方、日本サッカー協会の田嶋さん等からご挨拶がありました。そして、今回の寄贈に尽力されたハイベルデン会長、クライフ財団の代表方からもご挨拶とスピーチがありました。






ハイベルデン会長は自身のスピーチの際に本田選手へのサプライズを披露。VVV時代の肖像を絵にして送ったのでした!やっぱり原点はVVVであるという思いが込められたシーンでした。本田選手も最初に会長に挨拶をしたりとその部分は忘れずに居てくれているのでは無いでしょうか。


この2ショットが久しぶりに生で見られてのは嬉しい。


子供達に対してメッセージを送る本田選手。「夢を追いかけてほしい。自分も夢をまだ追い続けている。このコートは多くの人のおかげで出来ている。それを忘れないで思いっきりプレーしてほしい。(セレモニー後、子供達の試合が予定されていたため)今日、目立てばハイベルデン会長がすぐにお父さんお母さんところに“オランダへ連れて帰りたい”と交渉に行くはず。これはチャンスだ。」と話していました。彼の人(子供達、寄贈に関わった方達)への配慮が凄く感じられた素晴らしい挨拶でした。




この後に始球式が行われ革靴でボールを蹴っていました。そして多忙な本田選手は子供達と記念撮影をして嵐の様にバタバタと会場を後にしました。






続けて、ツェーゲン金沢の選手も合流して出来たばかりのピッチで元気に子供達とプレーをしていました。


今回のセレモニーのために来日されたクライフ財団のお二人。EUROのオランダ代表がかなり気になっていたご様子ww


ピッチ外ではフランクさんが子供達と交流。一生懸命、VVVとSEACONを宣伝してきました。中にはVVVを知っている子供達も居ました。もっともっと知ってもらいたいものです。


ピッチに少しだけ入ることが出来ましたが、人工芝にゴムチップが入った素晴らしいピッチでした。ここで老若男女思いっきりボールと夢を追いかけてほしいですね。そして、ここで育った子供がいつかオランダの地でプレーしてくれたら・・・と思うとワクワクですね。
|06/30| その他コメント(0)TB(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。